Googleは根気強い

No Comments


グーグル会長が語った「価値を生み企業を成長させる人材のたった2つの資質」とは

シュミット氏は、結局のところ、大企業であろうとスタートアップであろうと、何よりも重要なのはたった2つの資質だという結論に至った。

根気強さと好奇心だ。

Business Insiderから引用


グーグルだけにもっと「とがった」資質が出てくるかと思ったが、以外と普通の資質だった。特に「根気強さ」は、「やり抜く力 GRIT」という書籍が出て話題になっている。

この二つの資質が重要である事はまったく異論は無いが、その二つだけというのが驚きである。なにか突飛なことを考える、実現できる人がいないと今のグーグルはないのではないかという印象を持っていた。

だが、この記事を読んでちょっと考えて見たら、案外そうでもないかもという気がしてきた。

グーグルを技術オリエンテッドではなく、コンセプトオリエンテッドな企業としてとらえてみると、以下の様に考えられることが分かる。

例えば、Google Map。あれは地球上のすべての場所をMap化(データ化)するというコンセプトに基づいている。それを実現するためにいろいろな技術を使っているが、根っこは「すべての場所をデータ化する」ことを実現するという根気強さである。

つまり、技術屋さんが「xxxはできない」「xxxはむずかしい」というのを、コンセプトメーカーが「すべての場所をデータ化すると、こんなにすばらしい」ということを根気強く言い続けて、技術屋さんを説得することが重要であったに違いない。

もちろん、言われた技術屋さんも「根気強く」技術を探索してスゴイ技術を見つけたりしているだろう。

最初に、コンセプトメーカーがあきらめてしまうと先が続かなかったはず。

そう考えると、「根気強さと好奇心」というのは当たりかもしれない。


私は「コーチング」のサービスを提供していてWith Coachingというサイトを立ち上げています。

こちらのサイトではコーチングのご紹介や、主に自己啓発系のブログも書いています。ぜひ、お立ち寄りください。

Categories: 働き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください