何をすれば「休暇」を長く感じられるか?

No Comments

beach-hut-237489_640

「旅行」は行くまでが一番楽しい?

一番かどうかはわかりませんが、あれをしよう、これをしようと旅行に行く前にいろいろと考えるのは確かに楽しいです。そして、現在のストレス緩和にもなります。

「旅行」先では仕事のメールを見ない

これもよく聞きます。仕事どころかメールやインターネットもしないほうがいいという意見もあります。


認知心理学が提案する「休暇を長く感じる方法」

計画を立てると意識が予定がある未来に向いてしまい、時間の流れが速くなってしまうのだそうです。意識がこの先起こることに注がれてしまうと、目の前で起こっているできごとに集中できなくなってしまいます。

lifehacker


元の記事は、充実した休暇を過ごすためには、休暇中の「今」にじっくりと意識を集中させるべきだという内容です。

私が気になったのは、引用した「計画を立てると意識が予定がある未来に向いてしまい、時間の流れが速くなってしまう。」というところです。

旅行に行く前に旅行のことを考えるのは、未来に意識が向くことになり、目の前のストレスに集中しなくなります。つまり、悪いメンタルスパイラルに陥らないということです。なるほどという感じです。

一方、旅行中に仕事のことが気になり始めると、旅行から帰る未来に意識が飛んでしまい、目下の旅行に集中できなくなってしまいます。結果としてあっという間に旅行が終わってしまうということです。これもなるほどという感じです。

「旅行」先で何をするか?

記事によると、楽しい旅行を少しでも長く感じるためには、目の前のことに意識を集中させることとあります。さて何をすれば集中できるでしょうか?

私は以下の2つを提案します。

    1. 旅行記を書く

文学的なものを書く必要はありません。いわゆるライフログのようなものでいいと思います。観光をしているなら何時何分に何処に行って何を見たでいいですし、ビーチリゾートなら、ビーチに寝そべってどんな本を読んだとか、どんな音楽を聴いたとか、何を飲んだとかとりとめの無いことを書きながら、その時に自分が感じたことをそのまま記せば良いと思います。

    1. じっくり写真を撮る

とりあえず記念にパシャパシャ撮るのはそれはそれでやるとして、何か気に入った被写体があったら、じっくりと考えていろんな角度や構図で撮ってみる。一眼レフだったら絞りを変えて、ボケ味を加えてみたりします。

スマートフォンで撮影したのなら、写真エディタでいろいろと編集してみるのもいいと思います。

こんな活動をすることで、旅行そのものに意識が集中することは間違いありません。

実は私もこの2つは結構、実行しています。思い出も残るし一石二鳥ですが、正直、休暇を長く感じているかはわかりません。なぜかというと、帰ってからのことを旅行中に考えたことがあまりないからです(笑)。

もうひとつ気になるのは、よく言われる以下の言葉です。

「いやー、旅行が楽しくてあっという間に過ぎちゃったよー」

これはまったく逆の意味では….。


私は「コーチング」のサービスを提供していてWith Coachingというサイトを立ち上げています。

こちらのサイトではコーチングのご紹介や、主に自己啓発系のブログも書いています。ぜひ、お立ち寄りください。

Categories: 旅行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください