Google Keepの音声メモはすぐれもの

No Comments

純正支持派

私はApple製品を使っている時はできるだけ純正のアプリや機能を使うようにしています。

メールもそうですし、ブラウザも内心はChromeの方がいいかなと思いつつデフォルトブラウザはsafariのままです。

もちろん、機能が明らか不足している場合は3rd Party製のアプリを使います。例えばiOSのリマインダーは使わずToodledoを使っています。

理由を客観的に分析してみると

デザインやフォントが美しい(と、思い込んでいるのかもしれない)

マルチプラットフォームのOSに統合されているので使いやすい(と、思い込んでいるのかもしれない)

単にAppleに精神的に囲い込まれている

などが考えられますが、あまり深くは掘り下げていません。

音声メモ

メモの重要性はよく言われます。

「頭の中に考えが浮かんだらすぐにメモをしなければいけない」

言いたいことは分かるのですが、私の場合考えが浮かぶのはたいてい歩いているときなのです(と、思い込んでいるのかもしれない)。よっぽどのことが無いかぎり、立ち止まってiPhoneやメモ帳を取り出してメモをすることはありません。もちろん、歩きながらスマフォは危険です。

そういうシチュエーションでは音声メモがとても便利です。

純正支持派のポリシーとしてはiPhoneのSiriを使って音声で「メモ」アプリにメモを残したいところです。

しかし、いろいろやってみて使いづらいことがわかりました。

認識率

いかんせん、認識率が悪いのです。

Siriの名誉(?)のために言っておくと、屋内のiMacでSiriを使っている時はかなり高い認識率で働いてくれます(家人から何一人でごちょごちょ言っているの?と変な目で見られますが)。

私が音声メモを取るのは屋外を歩きながらなので、環境としては悪い方だと思います。

しゃべった後、認識された文字を見るとかなり間違っています。しゃべった直後は何を言ったか覚えているので、「こんなに間違わなくても…。」と思うぐらいですが、メモだけに後から見てみると、「意味がわからん…。」です。メモを取った後に修正すればいいのですが、それだと最初からキーボード入力した方が早いぐらいです。

音声が残る

ここでGoogle Keepの出番です。

音声を認識してテキスト化するのはSiri+メモアプリと同じですが、決定的に違うのは「話した音声を録音している」ということです。つまり、変換後の文字がむちゃくちゃでも、実際に話した音声を後から聞くことができるということです。

さすがに人間の耳は自分が話した言葉を認識するのは優秀で、メモの内容をすぐに思い出すことができます。

なので、私はiPhoneでSiriではなくてGoogle Keepを使っています。

修正して欲しいところ

音声メモ機能としては満足していますが、アプリの起動に不満があります。

iOSにはウィジェット機能(ホーム画面で右スワイプするとウィジェット群が表示される)が提供されていて、Google Keepもウィジェットを提供しています。Google Keepのウィジェットには「音声メモ」ボタンがあってこれを押すとワンタッチで音声メモが取れるようになっています。

しかし、「音声メモ」ボタンを押しても、普通のキーボード入力のメモ入力画面が表示されることがあるのです。

調べてみると、システムメモリが足りなくなってiOSによってGoogle Keepが終了させられているとうまくいかないようです。試しに、Google Keepを起動直後にウィジェットから音声メモボタンを押すとうまくいきます。

でも、音声メモは思い立ったときにインプットしたいので、直前にGoogle Keepを使っていることはまれで、しかも私はiPhone5sなのでおそらくシステムメモリが今となっては少なく、あまりつかわないGoogle Keepはすぐに終了させられているのでしょう。

ここが唯一不満なところです。


私は「コーチング」のサービスを提供していてWith Coachingというサイトを立ち上げています。

こちらのサイトではコーチングのご紹介や、主に自己啓発系のブログも書いています。ぜひ、お立ち寄りください。

Categories: ソフトウェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください