Mac mini (mid 2011)のHDDをSSDに換装するときのポイント

No Comments

diy-617763_640
リビングで動画再生専用PCとして使っているMac miniのHDDが壊れてしまったという記事を書きました。

普通に修理すると高額ですし、そもそも動画データは外付けハードディスクに入れているので、本体のHDDはOSがインストールできれば十分です。ここは一発、自分でSSDに換装することにしました。

購入したSSDはこれ。

「Appleが使っているSSDはSamsung」という情報も見かけましたし、価格.comで調べると値段も安かった。特にパフォーマンスを極めたいわけでは無かったので、即決しました。

なお、OSをスクラッチからインストールしなければいけないので、USB接続のマウスとキーボードが必要なことに注意してください。
壊れる前はBluetooth接続のマウスとキーボードを使っており、これがそのまま使えるだろうと思っていたらダメでした。たまたま家に古いマウスとWindowsキーボードがあったので、何とかなりました。よかった。よかった。

換装作業で参考にさせてもらったのがこれらの記事です。ありがとうございました。

詳細な手順はこれらの記事に写真付きで丁寧に説明されています。

さて、私が実際にやってみた感想をTipsとして残します。

  1. ピンセットがあれば便利。精密トライバーのマイナスも端子をこじるのに使える。
  2. 指でつまむところがない端子を外さなければいけないので、先の細いつまむものやこじるものがないとつらいです。

  3. 力づくで作業をしてはいけない。
  4. さすがAppleでそれぞれ部品の精度が高くきっちりとはまっているので、なかなかはずれません。イライラして力任せにはずそうとすると壊れたり、勢いでケーブルを引きちぎってしまう可能性があります。
    じわじわ動かしていると、ある瞬間「パカッと」はずれます。

  5. 部品を外すよりケーブルを外すことに注力する。
  6. 特に無線アンテナを外すときの注意です。ネジを外したあといきなりアンテナ本体を外そうとせず、横にずらして先にアンテナのケーブルを外してください。

機械的に換装ができたら、次はOSの再インストールです。元のHDDがリカバリ領域ごと壊れてしまったので、ネットワークリカバリーしかありません。

インタネットリカバリーで参考にさせてもらったのがこのサイトです。ありがとうございました。

最初に書いたように、USBのマウスとキーボードを接続しておきます。
Windowsキーボードなので、WinキーとRキーを押しながら電源を入れてリカバリースタートです。

後は上記記事に従って淡々と進めます。新品のSSDからのインストールなので、ディスクユーティリティ」でパーティションを作成するのを忘れずに。

実際に手を動かした時間は1時間も無かったと思います。今は起動も速くなって快適なリビングPCとして復活しました。


私は「コーチング」のサービスを提供していてWith Coachingというサイトを立ち上げています。

こちらのサイトではコーチングのご紹介や、主に自己啓発系のブログも書いています。ぜひ、お立ち寄りください。

Categories: PC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.