monooQの鍵は「信頼性」

No Comments

マッチングサービス

Airbnbに端を発したマッチングサービスはUberに続き、いろいろな派生サービスが雨後の竹の子のように発生しています。

日本でも自宅の駐車場を貸すサービスや、観光ガイドをするサービスが出てきています。


もうコインロッカーはいらない、個人間で荷物の預かりができるサービス

「monooQ」は個人間で荷物の預かりができるサービスです。荷物を預けたいけれどロッカーが空いていない、ロッカーじゃ収まりきらない量の荷物がある、といった問題を解決してくれます。個人の家や空きスペースを利用して、そこに荷物を預けることができますよ。

lifehacker


また出ました。

今度は荷物あずかりです。Airbnbが「人」を預かるのに対して「荷物」を預かります。ホテルのバッゲージサービスといった方がいいかもしれません。

ホテルの場合は無料ですが、コインロッカーのようにお金を払って荷物を預かってもらいます。コインロッカーよりも大きな荷物を預かってくれるのでスーツケースなんかは楽勝でしょう。

普通、旅行ではホテルを利用すると、チェックアウトしても荷物だけは預かってくれるところが多いので、例えば飛行機や列車に乗るまでの間、スーツケースをホテルに預けて近場を観光するということをよくやります。

そう考えると、このmonooQのターゲット顧客はどんな人なんだろう?

大きなスーツケースを持つ旅行者

この人達がホテルに預けられないケースとは?

Aという都市のホテルをチェックアウトして、Bという都市のホテルに移動する途中で、Cをという街を観光したい。でもスーツケースが邪魔。

こんな感じでしょうか。

一時預かり

大きな買い物をした後、他の買い物をする間預かってもらう。

倉庫代わり

家にスペースが無いときに、テンポラリに預かってもらう。

やっぱり、コインロッカーとテンポラリースペースが競合になりそうです。そうなった場合のポイントは「信頼性」ですね。

Airbnbのように「人」が対象なら、最悪の場合でも自分の力で対処できますが、「荷物」の場合は、預けた以上、相手の思うがままになってしまいます。最大10万円まで保証はされるようですが、お金には替えられない物もあるので、預ける物はちょっと考えてしまいますね。


私は「コーチング」のサービスを提供していてWith Coachingというサイトを立ち上げています。

こちらのサイトではコーチングのご紹介や、主に自己啓発系のブログも書いています。ぜひ、お立ち寄りください。

Categories: マーケティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください