有償図書館が近所に欲しい

No Comments

青山ブックセンター六本木展が新しい本屋さん「文喫」に生まれ変わりました。この本屋さんのビジネスモデルがおもしろくて、これは流行るんじゃないかなと思っています。

なんと、この本屋さんは店に入るのに入場料(1,500円)が必要なのです。時間制限はないみたいで 1,500円で開店から閉店までいられるようです(中にトイレがないというオチはないと思いますが…)。

中の雰囲気は「蔦谷書店」のような感じでとても落ち着いており、当然座って読めるテーブルや椅子が90席分確保されています。コーヒーとお茶は無料で飲み放題。別料金ですが軽食も食べられるようになっています。ここまで来ると本気で一日中いる人が出てきそうです。

ここまで読んで気づかれた方も多いと思いますが、これって「蔦谷書店」+「スターバックス」みたいな経験を提供しています。実際、二子玉川の「蔦谷家電」はこんな感じです。わたしも何回か行きましたが、とても落ち着いてコーヒーを飲みながら本を「立ち読み」ならぬ、「座り読み」をすることができます。

さらに言うなら「本との距離感が縮まる感じ」がします。そう言う意味でこのような空間を提供するのは、本の需要を高める意味でもいいことだと思います。

混んでいる

ただ「蔦谷家電」は休日はいつも混んでいるのです。

座ることができる椅子はたいていの場合全て埋まっており、店内を一周して家電を眺めて、本との距離を縮めること無しに店を出る場合がほとんどです。

雰囲気に対価を払う

そこで「文喫」の登場です。入場料を設けることである意味、入場者に制限をかける事になるので実際に座れるのではないかと思っています。

スターバックスで割高のコーヒー代をを支払うのは、その雰囲気を味わうためだと言われており、実際に本を持ち込んで読書をしている人も多いです。

そう考えると、コーヒーの味はともかく、1,500円を払えばコーヒー飲み放題で落ち着いて本が読める(しかも膨大な種類の)のであれば、価格に見合っているのではないかと思いますね。

ただ、前提条件で「必ず座れること」が挙げられます。お金を払って入ったはいいが座れないとなれば、これはちょっと期待にそぐわないです。したがって、入場制限(もしくは着座保証)はして欲しいですね。

有償図書館

じゃあ、私が「文喫」に頻繁に行くかと聞かれると…、ううむという感じです。なぜなら遠いからです。何かのついでならまだしも、そのためだけに電車代を払っていくところまでは、正直ない。

私としては、「図書館」がこのように変わってくれないかということです。もちろん有償です。

「図書館」の趣旨を考えると、当然無料であるべきです。しかし、お金を払えばもっとゆったりと本と一緒にくつろげる空間を味わえることができるのなら、月に数回は行きたいなと思います。

公営図書館とTUTAYAのコラボは議論を巻き起こしていますが、私はいいと思っています。今の図書館の役割は「資料庫」としての意味合いが強く、ふらっと本に触れに行くという雰囲気ではありません。資料を目的とした分類より蔦屋家電のようなテーマ毎の分類のほうが触れ合いが広がります。

資料としての検索性を求めるのであれば、ITを使った検索のやり方を考える方が、より早く見つけられます。

二者択一ではなく、ITを活用すればどちらも実現できると思います。

近所の図書館が変身してくれないかなぁ。


私は「コーチング」のサービスを提供していてWith Coachingというサイトを立ち上げています。

こちらのサイトではコーチングのご紹介や、主に自己啓発系のブログも書いています。ぜひ、お立ち寄りください。

Categories: マーケティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください