Stelton Time wall clockから考えを巡らせてみた

No Comments

恒例の時計シリーズです。

わたしはどうも時計らしくない時計が好きなようで、ネットサーフィンしていてもそんな時計ばかりが気になります。

何かギミックがある時計や、超シンプルなデザインの時計が好きです。


影すら美しい。ミニマルすぎる壁掛け時計【Stelton Time wall clock】

あまりにもミニマルすぎて、初めてみた人は時計と気づかないかも?

インテリアハックより引用


これはシンプル系の時計です。

本当に、人によっては「時計」と思わないでしょう。

時計の役割

掛け時計や置き時計の役割や今や「正確な時刻」を伝えるものでは無くなってきました。

スマートフォンやスマートウォッチなど秒単位で正確なガジェットが手元にあるからです。

そうなるとこれからの役割は何でしょう?わたしはこの3つではないかと思います。

  1. インテリア
  2. 話題の提供
  3. 時の流れを感じる

1は「オシャレな」と言いますか、部屋の価値を上げるためのもの。絵画や花瓶などと同じ位置づけ。今回、紹介した時計はこのカテゴリーだと思います。

2は部屋の主がお客さんにネタを提供するためののもの。「ほらほら、この時計変わっていておもしろいでしょう?」。たとえばこれとか。公共施設にある変わった時計もこの系統です。

3は例えば砂時計。時刻は分からないのですが、時間が流れていることだけが分かります。秒針だけの時計が合ってもいいかも。ボーッと長めながら「今は流れている。今はもう今まではない…。」のような哲学的なことを考える(笑)。

今度から新しい時計を見つけたら、この3つのどれかを考えてみることにします。


私は「コーチング」のサービスを提供していてWith Coachingというサイトを立ち上げています。

こちらのサイトではコーチングのご紹介や、主に自己啓発系のブログも書いています。ぜひ、お立ち寄りください。

Categories: ガジェット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください