TIMEQUBEを合コンで使う

No Comments

みんなで同時に共有したほうがいい情報にはどんな物があるでしょうか?

会議中の時間などはそのひとつです。終わりまでの時間を参加者で共有することで、時間内でアウトプットを出そうという動機付けになります。

ただ、壁に掛かっている時計は、見づらい人もいるし、そもそも意識して見ないといけません。常に視界の中にあって、何となく意識できる状況が望ましい。


ミーティングの残り時間を視覚化してくれる『TIMEQUBE』

このガジェット、ミーティングの時間が残り少なくなると色を変わってくる、という機能を搭載している。

100shikiより引用


このガジェットはとてもいいアイデアです。ずっと視界の中にあるし、時計のように見つめなくてもひと目で分かります。

他にこのアイデアを応用できないでしょうか?

飲み会

時間制限があったり、飲み放題のラストオーダーの時間があったりすると、幹事が時間を気にする必要があるのですが、これがあればテーブルの上に置いておくだけで、みんなが意識してくれます。

スポーツ

サッカーとかラグビーなどの時間が区切られているスポーツの試合では、残り時間に応じた戦略を選手が立てることが重要だと思います。

ボールの色が残り時間に応じて変化すれば効果的ではないでしょうか?

色が変わってくると、切迫感が増して、ウルトラマンのカラータイマー(古い)を見ているようで盛り上がると思います。

時間以外の通知は?

例えば会議の場合、残り時間以外に参加者で共有すべき情報としては何があるでしょうか?

会議の状況、品質といったものを共有すれば会議がより良い方向に進むはずです。

  • 一定時間、発言が無いと色が変わる。
  • 同じ人ばかり発言していると色が変わる。

後者は、なかなか指摘しづらいことなので、ランプにやんわりと示してもらえると、ファシリテーターもやりやすいはずです。

こう考えると、ファシリテーターのサポートツールの観点で考えれば、もっとアイデアは膨らみそうですね。


私は「コーチング」のサービスを提供していてWith Coachingというサイトを立ち上げています。

こちらのサイトではコーチングのご紹介や、主に自己啓発系のブログも書いています。ぜひ、お立ち寄りください。

Categories: ガジェット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください