iPad Pro (2018)+ Apple Pencilのバッテリー消耗が激しい件

No Comments

iPad Pro (2018)+ Apple Pencil (2nd gen)を買いました。

前から気になっていたのですが、「「#iPadで手書き」に参加してきました。」で書いたセミナーに参加したのがトリガーになって購入しました。

これまで初代iPad Pro + 初代Apple Pencilを使っていて大きな不満を持っているわけではなかったのですが、買ってしまいました。

一番のポイントはApple Pencilの書き味です。

初代も悪くはなく、いわゆる普通のスタイラスペンと比較すると、圧倒的な書き心地の良さでした。

でも、ペン先の動きと描画に遅延が少しあって、そこが気持ち悪かったのです。

Apple Storeやセミナーで新しいiPad Proと新しいApple Pnecilの書き味を試したところ遅延がまったくなく、書き心地感が上昇していました。セミナーで新しい活用事例も教えてもらったことも購入を後押ししました。

バッテリーの減りが早くないか?

PencilをiPad本体の横にマグネットに貼り付ける充電の仕方もとても簡単で「美しく」、満足していました。

ところが、数日使っていると

「あれ?iPadにしてはバッテリーの減りが早くないか?」

と感じるようになりました。初代のProは何も使わなければ、ビックリするぐらいバッテリーが持っていたのですが、新しいProは使っていなくても目に見えてバッテリーが減っていきます。

最初は「CPUパワーが上がったから仕方がない」とか「Siriを待ち受け(?)にバッテリーを食ってる?」とかいろいろ想定して、いろいろ試してみたのですが、原因がよく分かりませんでした(いくらCPUパワーが上がってもiPadを使わなければ関係ないだろうと)。

そしてふと気が付いたのは「あれ?もしかすると、新しいPencilが良くないのでは?」ということです。

多分、他のユーザーも同じだと思うのですが、Pencilを使おうが使うまいがずっとiPadの横にマグネットでくっつけたままにしていました。当然Bluetoothはオンのままです。

Appl Pencilが、使っていなくても電力を消費し、それをiPadがせっせと非接触で充電し続けることでiPadのバッテリーの減りが早くなっているのではないか?

そう思ったので、PencilをiPadにくっつけたままBluetoothをオフにしてみました。

バッテリーが減らない!!

明らかにバッテリーの減るスピードが遅くなりました。昔のiPad Proと遜色ない感じです。

どうも予想が当たっているようです。Bluetoothをオフにするとペアリングが解消されるので、充電もしないようです。

これでスッキリしたのですが、問題は使い勝手が悪くなったこと。

Pencilを使うときに、いちいちBluetoothをオンにして一度Pencilを取り外して、またくっつけてペアリングして…と結構な手番がかかります。

そもそも、iPad Pro(2018)からはPencilがペアリングされていれば、sleep状態の画面にPencilでタッチするだけでメモアプリが立ち上がってそのままメモを書けるのが便利だったのに…。

特定の条件の下ではPencilをサスペンドさせて充電しないようするとか、何か改善策を考えて欲しいです。


私は「コーチング」のサービスを提供していてWith Coachingというサイトを立ち上げています。

こちらのサイトではコーチングのご紹介や、主に自己啓発系のブログも書いています。ぜひ、お立ち寄りください。

Categories: ガジェット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください