カテゴリー: 働き方

副業でプログラムがしたい人は「コデアル」というサイトがあります

No Comments

laptop-926775_640

「フリーランスのプログラマー」

わたしもかつてはプログラマーだったので興味を引かれる単語です。昔は、なかなか仕事をとるのが難しかったでしょうから、誰でも簡単になれるという訳ではなかったと思います(想像)。

これだけインターネットが発達すると可能性が広がってきました。


あなたのウェブ開発スキルにあった副業がさがせるサイト「コデアル」

「コデアル」はあなたのウェブ開発スキルを活かせる副業がさがせるサイトです。自分の得意なスキルや興味のある分野のサービスで絞込み、副業求人を探すことができます。月10万円以上の案件がたくさん登録されていますよ。

lifehacker


いわゆるエンジニアのマッチングサイトです。ちょっと見てみましたが、だいたい「週に10時間で月に10万円」という高待遇な条件が提示されています。

サイト自体も自分のスキルセットに合った仕事を検索できるようになっていて便利そうです。おそらく相当高い能力が求められるとは思います。

本当に10時間だけ働けばいい?

ただ、詳しい契約条件を読んでいないので正しいコメントはできないのですが、本当に週に10時間でOKなのでしょうか?このサイト自体はマッチングサイトなので最終的には働く企業との契約になると思います。

いわゆるプログラミングの仕事は予想外のことが起きやすく、仕事の時間が不規則になりがちです。会社でプログラミングの仕事の経験がある人は実感できると思いますが、完成間際に不具合が出て、残業をしてそれを修正するということが(よく)あります。

もしこのサイトで契約した人がそのような状況になった場合、10時間を超えて仕事をしなくてもいいのでしょうか?

もしこのような場合はいわゆる「残業」を会社側が指示できるようになっていたら?

ここで気になるのが「副業」というキャッチコピーです。本当に「副業」でやっている人は「本業」があるわけで、10時間という副業の枠でスケジュール管理をしていると、この急な「残業」分が「本業」や生活に悪い影響を及ぼすことが想像されます。

私自身は昔ながらのプログラマーの働き方しか知らないので、ここに登録されている企業は、そんな場合でもうまく他の開発者を調整して、契約者自身は10時間の枠は超えないようになっているのかもしれません。それなら素晴らしいですね。ある意味、理想的なプログラマーの仕事だと思います。

Categories: 働き方