WordPressで”このページにアクセスするための十分なアクセス権がありません。”と表示された

No Comments

woman-1253505_640

このブログで「はまった」のでトラブル回避策として展開します。

このブログはWordPressで運用しています。

ある日、WordPressの管理画面にプラグインのアップデート表示がありました。いつものとおり更新作業をしたところ、急に「このページにアクセスするための十分なアクセス権がありません。」というエラーメッセージが出て管理画面にアクセスできなくなってしまいました。Blogには普通にアクセスできて記事も読めています。

さて、どうするか?

とりあえずこういうときはGoogleでエラーメッセージを検索です。どうやらBlogのサイトを移動したときに設定ミスでこうなるケースはあるみたいですが、今回の私の場合には当てはまりません。

もう少し調べてみると、プラグインが問題を引き起こすケースがあるらしいことがわかりました。私の場合は、エラーメッセージが表示されるようになったタイミングを考えるとこれに当てはまりそう。

情報によると、WordPressをインストールしたサーバー上にあるフォルダのwp-content/pluginsの名前をpluginsXXなどに仮に変更してみると、プラグインを読み込まなくなるので原因の切り分けができると書いてあります。

FTPアプリで試しにやってみたら、見事に管理画面にアクセスできるようになりました。ということは、やはりプラグインが問題!。

では、どのプラグインが問題を引き起こしているか?

先ほどのpluginsフォルダーをFTPアプリで覗いてみると、それぞれのプラグインがフォルダに分かれて格納されています。フォルダの更新日時から最近アップデートしたプラグインはある程度絞り込めます。

まず、フォルダ名を”Plugins”に戻します。そうするとまたエラーが出るようになります。

次に、アップデートしたプラグイン(問題を引き起こすものを含んでいる)だけをサーバー上のWordPressと関係ないフォルダに移動します。そうすると今度は問題なく管理画面にアクセスできるようになります。

その後プラグインを一つずつ、もとのpluginsフォルダに戻していくことで問題を引き起こすプラグインを特定できます。私の場合は、なんと二つのプラグインが問題ありでした。

  • WP Slimstat Analytics
  • Yuzo – Related Posts

最後に、該当のプラグインの古いバージョンを、バックアップから取り出してサーバー上のpluginsフォルダにコピーして復元完了です。これで完全に復旧しました。

やはりバックアップは大事。

ブログのバックアップでは、記事のみならずプラグインもバックアップすることが推奨されています。

「記事はともかく、なぜプラグインも?サイトがクラッシュしたらまた最新版をだうんすればいいのに。」と思っていたのですが、こういうときのためだったのですね。

非常に助かりました。


私は「コーチング」のサービスを提供していてWith Coachingというサイトを立ち上げています。

こちらのサイトではコーチングのご紹介や、主に自己啓発系のブログも書いています。ぜひ、お立ち寄りください。

Categories: blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください